現金が消える話し

今朝はマチカフェでアイスコーヒーを飲みました。まさひこです。

今日は現金が消える話しをします。
中国人の友だちはほとんど現金を持たないそうです。
急に現金が必要になったら知らない人に声をかけて「お金ください」と言ったら「手数料5%だけどイイ?」といってお金をくれるそうです。

イイ国ですね・・・

ってただでくれる訳ではありませんよ。もちろん。
ウィチャットペイという支払いがあって、QRコードを使ってその場で銀行からお金を相手に渡せるそんな決済があるので、お店でもお友だち同士でもどこでもお金のやり取りはウィチャットペイだそうです。
日本でもウィチャットペイが使えるお店が増えていますが、中国の政策で日本人は残念ながら使えません。

でも、日本ではまだまだ現金社会ですよね。

最近、「楽天ペイ」「LINE Pay」「Origami Pay」「d払い」など、スマートフォンを使った支払方法が増えていますが、どこもシェア拡大を狙っていろいろとサービスしまくっていますよね。
てな訳で、今朝は「Origami Pay」からのサービスを使ってマチカフェのアイスコーヒーをイートインスペースで飲んでいます。

まだまだ暑い日が続くので、アイスコーヒー最高です!

ちなみにこのサービス今日から9月末まで毎日1杯タダという訳で毎日の日課になりそうです。
そこで本題ですが、自分が現金を使うのは一部のスタバと郵便局くらいで、ほぼ現金は使いません。
買い物もアマゾンを利用しているのでクレジットカードです。
ただ、町中でクレジットカードを出すと「サインお願いします」って「芸能人じゃないんですけど」と答えると真顔で「あ、クレジットカードのサインです」みたいな感じのリアクションですが、「えーサインレスじゃないの?」とクレーム入れています。

この切り返しのパターンとしては「え、芸能人ってバレちゃいました?」とか「名前は?今日の日付は入れる?」とか「サインする時は相手の名前書くようにしているんです」とか・・・そんなバリエーションもあります。
ぜひ、使ってみてください。

という訳でスマホ決済、どんどん浸透してくれるとありがたいですが、早く淘汰されて1本化して欲しいです。

それではまた!チャオ!

 

このサイトをRSSで読む…